統合報告書

プライム市場の会社にとって、統合報告書制作の佳境に入る時期ですね。毎年制作する会社が増加し、この時期は完成された数十社の統合報告書を眺め、その内容の傾向、変遷を見ています。

統合報告書の中身については、トップメッセージはかなり充実している会社が増えたと思いますが、価値創造ストーリーは、懸命に努力されている会社、マテリアリティをどうとらえようかと悩まれている会社も多いような気がします。

統合報告書は法定開示ではなく、模範的なモデルはありますが、比較的自由演技が許される内容だと思います。

個性豊かな自由演技の統合報告書を見ていくのが楽しみな時期です。

 

Follow me!

前の記事

英国の機関投資家来日

次の記事

ボード3.0