会社をもっと成長させる!経営の総合コンサルタント
CONTENTS

保険

最後の全損の生保?駆け込み需要が。

国税庁は、がん保険を利用した節税に対して制約を設けるため、新規通達の発遣を 予定しています。保険による節税対策が次々と制約されていく中で、いわば「最後の砦」として 広く用いられてきたがん保険による節税対策が、今後制約を受 …

決算前に保険の検討を

3月決算に備え、自社の財務状況を見直す経営者も多いと思います。 様々なことをやりくりする時期ですね。 この時期に登場する商品は、生命保険です。 保障とその保険料の処理の関係で生命保険を利用する企業が多くあります。 損益計 …

保険営業研究会の説明会を久々開催です。

何年か前に、資金調達コンサルタントの方と始めた 保険営業研究会。 http://www.direct-financing.com/fri.pdf 生命保険をどのように法人向けに販売するか、 経営者にどのような話をするか、 …

財務を考えて最適な生保を埋めていく

以前、MBAで勉強していく過程で、 生命保険をBSにうまく埋めていけば、 保障面、福利厚生面、税制面で機能していくと思い、 以来、中小、中堅企業のオーナーにも話してきた。 海外でもLife Insurance とか、国内 …

生保営業の皆様へ(法人向け)

最近、法人向けの生保営業の参考になるような書籍が、いくつか出てきている。 そのせいか、当社の「保険営業研究会」への問い合わせも増加傾向だ。 この会は、生命保険を法人向けに販売される方のための会だ。 1.経営者とアポが取れ …

保険営業研究会

生保営業をされる方から、当社の「生保営業研究会」への問い合わせが増えている。 おそらく企業の経営環境が今までとガラッと変わり、 経営者から保険営業されている方に様々な問い合わせが増加してきているからではないかと想像される …

強制的に入る保険

世の中には、強制的に入らないといけない保険がある。 自賠責保険などがそうだが、 基金訓練の保険は、入っているかどうか国の方から チェックを受ける。 保険証券などを見せないといけないのだ。 このような強制的に入らないといけ …

昨日は通夜でした

昨日は、通夜に列席させていただきました。 大勢の方が来られました。 まだお若いので気の毒なことです。 ふと考えるが、 このような方は生命保険に入っていたのか、 人生最後の意思表示である遺言がされていたのか、 残された家族 …

生命保険業界の生き残り

日本生命は、海外の保険会社に積極的に出資をしています。 アリアンツやプルーデンシャルなどに投資をしていますね。 第一生命は、昨年、上場して海外進出したいと表明しましたね。 また、AIGグループなど近々生保の合併が起こりま …

経営者は何を考えているのか(生保営業をされている方へ)

生命保険の営業をされている皆様へは、 税理士が営業の最大のネットワークの源泉で、 税理士の勉強会に出られている方も多いと思います。 それは、重要なことだと思います。 ただ、震災後のほとんどの経営者は節税のために生命保険に …

« 1 2 3 10 »
PAGETOP
Copyright © (株)福田総合研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。