普通の経営者は、自分の能力を残して、
考えることを外注してコンサルティング会社に頼んでしまう。

より良い経営者は、自分の能力の限界まで考え抜く。

最も良い経営者は自分の能力の限界まで考え抜き、
その上で、外部の人間の意見を謙虚に良く聞く。

経営戦略のレクチャーで、このようなお話を聞いた。

そのとおりだと思う。

自分のことを振り返ってみると、大いに反省する。
自分は、考え抜いて、人の話を聞いているのか。

経営のことは経営者に任せておいてほしいが、人の話も謙虚に聞く。
現在は、考える時間が減少しているのではないか。

考えるしつこさ、実行するしつこさがもう少し必要だ。