当社は基本的にお客様のニーズに沿ってビジネスが発生していますが、ことIRに関しては、最初から意図して始めた当社のメイン業務です。
私、福田はずいぶん長い間、多くの企業のIRコンサルティングをさせていただきました。NTT、JT、ファーストリテイリング(ユニクロ)から始まって、新興市場のITベンチャー企業、ほんの昨日上場承認された企業まで、上場会社数では約1000社程度の企業で、何らかの形でIRの観点からアドバイスしてきました。当社は、まだ小規模で設立されたばかりですが、だいたい毎月お客様が株式上場を果たされていきます。
特に、当社は株式上場準備企業のIRガイダンスを行っています。上場すれば、上場企業は、証券取引所の密接なアドバイスは得られるし、IRに困った時や、何かと自社のアピールを考えるには証券アナリストを無償で使えるからです。私はIR支援をさせていただいた企業の数は日本一だと自負します。お客様が上場を果たしたら卒業していただいています。場合によっては、上場後社外監査役に入るようなこともありますが、基本は順調にIPOを果たせるまで、IRの側面でアドバイスをするのが業務です。
しかしながら、上場後でも、お手伝いさせていただいている企業もあります。それは、上場後、やはり、IR活動を本格的に行うに際して、どのように情報伝達をしたら良いか、などさまざまな悩みを持っている上場企業がありますので、もちろん喜んでご支援させていただいています。
まだまだお力になれる企業は多いと思いますので、IRの関係で何かありましたら、ご連絡をお待ちしております。