目の前にIR上の問題が起こり、短期間で問題解決をする必要があり
その問題解決に特化して取り組む。
イシュー型IRコンサルティング、昨日に引き続き、最近多い例を。

基準を達成するためのIR活動だ。
上場廃止基準に引っかかり、経営計画を作成しないといけない、
株主数が足りなくなってしまった、
とか、
現在、東証2部上場だが、東証1部上場を果たしたい。
株主数、時価総額が足りない、
などといった相談はよくある。

多くの方は、相談されると「IR活動は漢方薬だからじわじわとしか効かない」、
と及び腰になってしまうが、
上場企業にとっては、上場廃止されるのは、
ある意味企業の死に近いこともある。
また上場市場でのステップアップは、多くの投資家に参加してもらうためにも
必要であるし、社内の士気にもかかわる。

イシュー解決型のIRコンサルティングも必要なのだ。