IR活動を支援する立場からは、
上場企業の株式持合いに全面的には賛成することはできない。

しかしながら、昨今の敵対的買収ブームの中、
株式持合いを推進している上場企業が多くなってきている。

当社もご他聞にもれず、上場企業からの株式持合いのご相談が来ている。
何社からもご相談があり、一定数のプールがある。
持合と言えども、ビジネス上のシナジーがあって行うほうが良い。
ビジネスシナジーをお考えの上、株式持合いのご検討をされている企業様は、
ひょっとしたら当社でマッチングできるかもしれないので、ご相談ください。