今週は、上場企業の四半期決算発表が相次ぎました。
景気の悪化に伴い業績修正を出す企業も多かったようです。
相場は、そんなことに関係なく、毎日一定の方向に向かいがちです。

ここから3月にかけての上場企業の最後のがんばるものと思われますが、
5月の本決算発表までの業績修正が結構数多く出てくると思われます。

来年度は四半期報告書が結構大部のものになり、
半期報告書を年3回出すような業務量を覚悟をしなければなりません。

上場費用、決算費用、上場維持費用がかなり嵩んできました。
上場企業の業績急成長は難しい世の中になり、MBOも増加傾向になることでしょう。