セリング(売り込み)が大変難しい時代になったと感じます。
売込みには苦情がつきもの、消費者センターなどで、
ネットを中心として公表されます。

個人的にも、トヨタ、日産の営業マンの自宅への売り込み、
Y新聞社の自宅への売り込みなどで辟易することもあります。

「マーケティングの究極の目標は、セリングを不要にすることである」
と、ピーター・ドラッガーが言っているようですが、
商品を売ることを目的とするのではなく、顧客を満足させることを考えて、
マーケティングをしてほしいものです。