従業員平均年収を有価証券報告書からランキング形式で公開されている。
http://www.nenshu.jp/

“年収プロ”というサイトだ。
従業員の平均年収が有価証券報告書に掲載される「従業員の状況」から作成されている。

 1位は不動産投資顧問事業などを手がけるダヴィンチ・アドバイザーズという企業で、平均年収1,792.6万円だった。続いて2位はアセットマネジメント業務のスパークス・グループで1,786.9万円。その後は3位朝日放送、4位プリヴェ企業投資ホールディングス、5位フジテレビジョン、6位TBSと続いている。

 テレビ局の社員はこんなにもらっていいのか、と思う。
 もちろん300万円台の年収の会社もある。

上場会社でも給料格差が歴然とあることに対して、もっと騒いだほうが良いと思うのだが。