上場希望企業がめっきり減ってきた。

新興市場へ上場している企業の中には、

公開して後悔している企業がまだ多い。

多くの企業にとってIPOは経営者の夢だ。

上場後の、株主対応、業績悪化への焦り、

同業者の提携話、M&A案件などやたらに対応業務が多くなる。

一応、上場後のリスクのようなお話をするのだが、

上場するまでは無我夢中。

コンプライアンス、月次決算はその場限りの会社も多い。

物事には、メリット、デメリットがあり、同業他社は必ず存在し、

絶対的に売れるものは永遠に存在しない。

企業は生き物なので、ほっとする暇はないことを承知してほしい。

企業経営はどのような局面でも本当に難しい、と思う。