これまたマスコミの餌食になってしまった村上氏だが、

弁護側の

「村上ファンドを仕手筋と同列に論じるのは誤り。

検察官は大衆にたまった嫉妬のガス抜き機関ではない」

というのも言いえて妙である。

この判決で、どこまでが未公表の重要事実である決定事項に該当するのかが

明らかにされるので、今後のよき重要判例となると思う。