早速、新聞を見てご連絡をいただきますが、

個人的なうれしさ、とは関係ありません。

会社員の方が、努力されて課長、部長、取締役となっていかれるのと違って、

私は、社外取締役候補です。

すでに何社かさせていただいています。

その会社をよりよくするために、社外から入らせていただくものです。

お気持ちは大変暖かく、感謝いたします。