昨日は長男の高校の卒業式に出席した。

われわれのころとまったく変わっていない卒業式に感激した。
こういうものは変わるべきではない、と思った。

高校の校長はこのときに大きな役割を果たす。
おかげさまですばらしい校長だったのでつつがなく終了した。

今回の卒業式の答辞はすばらしかった。
ややペダンチックな内容であったが、入試前によく、すべて自分で考えたものだ。

実は、私も高校時代は卒業式で答辞を読んだ。
残念ながらほとんど1年前の卒業生のサンプルをもらい丸写しだったような気がする。
情けない!