3月決算の期末が近づき、多くの営業マンがノルマに追われ営業に走っている。

自動車のディーラは、あれこれセールストークを考え、電話をかけてくる。

銀行マンは、個人の融資のノルマがあり、少しでも多くの法人を訪問している。

くれぐれも、経営者がカッコだけの売上ノルマに終われ、架空売上計上をしてはいけない。

ソフト業界、IT業界では、一時、粉飾決算が多かったと聞く。

それは、融資や投資を受けるためだ。言語道断の話である。