自宅の本棚から「兼業申請書」がぽろっと出てきた。
私は2社の金融機関でサラリーマンをしていたが、
その時代の最後の頃はその会社の金融商品の販売以外に、
大学講師やコンサルティング、社外役員などのお仕事の依頼が多くなってきて、
お仕事をいただくたびに、
いちいち会社にお伺いを立てていた。

手元には、2005年に出した兼業申請書がある。それは、大学の講師の継続の依頼書だった。

わざわざ大学の経済学部長の書類をもらい、私の属していた会社担当者に出した申請書類だった。

報酬額など書かされ、結局会社側からは本業に影響のないようにしてくれという確認書をもらい、
兼業をしていた。

大学の講師は公に認められた兼業で、それ以外の仕事は当時は無認可兼業としてくびになる時代であった。

今は週末起業などはやっているようだが、やっている方々は、就業規則上は違反していないだろうか。

私は、結局、コンサルティングや社外役員として報酬をいただくようになり、
属していた企業を辞めざるを得なかった。

今はどれだけ就業規則に忠実に従業員が兼業申請をしているか、
コンプライアンス上もっと問われていもいいような方が多いような気がする。