いわゆる適年の制度終了にともなう退職金制度の移行先として、中退共、401Kなどがあるが、生命保険も結構注目されている。「スタッフアドバイザー」の今月号も、特集を組んで、保険を使った退職金制度について触れている。比較的大規模な企業は、そろそろ移行し始めてきたが、中小企業はまだ様子見のところが多い。
今後の制度の変更、他企業の動向を見ながら、などと考えているのであろうが、もうあまり年数が残されていない。通常、半年から1年くらい移行にかかる。そろそろ本格的に検討を始めたほうがいい。