適年が廃止になる2011年末を控えて、中小、中堅企業の早期の退職金制度の移行が促進されている。
厚生労働省も、早めの移行を目指して、セミナー用のテキストを作成したり、講師の斡旋をしたりしている。退職金、年金制度の変更、移管はことのほか時間がかかる。とにかく着手しないと、移行先の選択も検討期間がかかるし、団塊世代の退職金で、企業の財務内容がおかしくなる。
当社お問い合わせが増えてきた。