景気の悪化に伴い、私の知り合いの弁護士は不動産会社との間で、
賃貸関係の係争事件を結構抱えているらしい。
サンフロンティア不動産という会社に関しても、急成長され、
顧客が増加して、様々な問題があるのかもしれない。
個人的には、優秀な社員が多くて、顧客第一主義だと思っている。
但し、弁護士が言うにはサンフロンティア不動産は、強敵らしい。
名指しで指摘されていた。
東証一部上場で、企業内容は優れているので大丈夫だと思うが、
少々心配になってきた。

これから、テナントと不動産会社との係争が増加してくるだろう。

個人的な印象だが、おそらく、これからは、契約後の口頭での約束を
不動産を貸す方が反故にすることに関して、訴訟が多く起こってくるのではないだろうか。
企業の成長にとっては大きな足かせとならなければ良いが。