大変、おこがましいのですが、当社は上場準備企業に対するIRガイダンスの企業数は、独立系IR会社で一番多いと自負しています。
どうしてこうなってしまったのか。福田が従来より、上場会社、上場準備企業に対するIRコンサルティング数が多かったこと。私が他の証券系IR会社に紹介しても自社主幹事しか受けなくなったこと。お客様のご紹介を全国的にいただいていること、などかなと思っています。証券系IR会社でいうと、お客様の数はおそらく新光証券さんくらいの規模ではないかと思っています。決して、能力が高いからということではなく、今までの経験でアドバイスをさせていただいているからだと思っています。もちろん、上場企業のお客様も増加しています。
現在は、IRコンサルティング機能のない証券会社から、幹事をしたいので紹介してほしいというご依頼が各社から来ます。
以前、過労で入院してしまったことがありますが、現在は、優秀な3名のスタッフに支えられて活動しています。