「永守イズムの挑戦」(日本経済新聞社編)を今日読み終わった。

永守社長の経営哲学がよく表わされている。

「夢を形にするのが経営」という言葉でくくられているが、
現代の世の中からみると、本当にワークライフバランスもぶっ飛んでしまうくらいの
ハードワークの仕組みになっている。

彼の仕事イズムは、凄いが、実は経営者の方は、
大変納得できる内容になっている。

これくらい働かないと!