というのは、3月10日前後に、売り上げの入出金や
返済の遅れなどが届く。そうすると2月は当社としても。
様々なzSOSを経営者からいただくことになる。

日経新聞は、創業以来(?)の赤字で、
世の中の景気が明るくなったという論調が目立つが、
中小企業は今は正念場だ。

2月は、私が生命保険という商品を扱った中でも、
死亡者が最も多かったような気がするし、
企業経営者としての感覚でも短い日数なので、売り上げが上がらない月だ。

3月になるとあきらめもつく。

来年度は、イノベーションや、新規事業がない限り、
増収はありえない覚悟で、経営者は今月を見つめないといけない。