厳しい経済環境で、周りに、精神的に参っておられる方が、
最近多少増えたような気がします。

このような方々のなかには、障がい者として認定され手帳(障害者手帳とのみ表記)を交付されておられる方がいらっしゃいます。

精神障がい者とは、精神に関する疾患を有する人のことで、
精神異常をきたしている人ではありません。

精神障がい者の申請(手帳の交付申請)は、住所のある自治体で申請します。

例:東京都中央区在住→中央区役所、横浜市中区→中区役所

税制面で優遇されることや、
公共交通機関の割引等がありますが自治体によって制度は異なります。

このメリットを享受するというよりも、この様な状態であるということを勤務先等に認めてもらいたい、という意識が強い方が多いようです。

自治体での手数料は無料だそうです。
もし、お困りの方がおられましたら、私の知人が詳しいので、
ご紹介させていただきます。
一人で悩んでおられる方が多いようです。