民主党政権成立以来さえない経済運営。
今年は、日本企業も本気で、外外(そとそと)経営を考えないといけない年になると思う。
今や、日本から海外に貿易をする内外や、その逆の外内の経営ではなく、
日本の会社も海外でビジネスを終結するようなモデルを組み立てたほうがよいのではないか。

ちょうど円高でもあるし、外国の製品商品サービスをそのままその国、
もしくはその他の国に提供して対価を得る手法だ。

本社機能は日本であっても、なくてもよい。
そんなビジネスモデルが今年は際立って増えてくるような気がする。

今年も経営者の皆様、ともに歩んでいきましょう。