もうごめんやで?。
資金繰りの相談は、早めにしてや?
(大阪弁でした)

経営者の皆様は資金繰りについては、およそ勘だけでも入出金の日程が
頭に入っていると思います。

金融機関の融資の姿勢が変化しており、社債発行や、株式発行による調達をする企業が増え、
モラトリアムなど資金調達の環境が激変しています。

早め早めにご相談ください。

たとえ、債務整理、企業再生、会社分割、M&Aなどをお考えでも、
早めの対処が企業価値を減ずることなく成功する確率が高いです。

もうごめんやで?、今からの年内の資金調達のご相談は。
(再度の大阪弁で失礼しました)