様々な要請で、企業の株価算定をすることがある。
M&A、第三者割当増資、資本政策、公募価格の決定、相続など。
株価算定の方法も、1株当たりの簿価純資産価額や、DCF方式、
時価総額/売上高倍率方式、PER方式、PBR方式など。

ことM&Aの株価算定に関しては、この株価算定がほとんど役に立たない。
交渉で決まることが多いからだ。

こんなことがあってもいいのだろうが、依頼者の顔色をうかがって
株価を出す場合も多いようだ。
裁判に勝つための株価算定もあったりする。

つくづく、株価は相対的なことだと思う。