ここ数日、証券取引所の、上場企業に対する第三者割当増資の規制に関する
話題が多くなってきました。

日々、上場企業の社長、証券会社の方々のお話を聞いていると、
今回の第三者割当増資の規制はかなりきついようです。

そうでなくても、今年は年初から規制強化が目立つ年です。
事業拡大のための設備投資で、株式市場からの資金調達をしようと思っても、
規制強化されてしまうと、
残念ながら、ベンチャーで上場した企業は、
上場時のビジネスプランがうまくいかなかった企業は、
市場退出しろ、ということでしょうか。

証券取引所の、自分の取引所から、どうぞご遠慮なく退出してください、
というような、手数料喪失するような利益相反の行為をすることは、
法律的には、ありなのかもしれませんが、大いに疑問が残るところです。