ライブドア事件が、まだ尾を引いているマスコミ界ですが、最近たまに、経営者の方から宮内前取締役のような立場になってくれないか、とお声がかかります。残念ながら、違法なことはまったくやりらないし、いくらお客様の会社が左前になって、どうしようもなくなって、窮鼠猫を噛む状況になっても、コンプライアンスは絶対必要だと思う。
たとえ、企業が倒産寸前になっても、利益をどうしても出したくても、資金繰りが悪くなっても、あくまで正当法で、窮地を脱するべきだと思う。私の経験でも、何度もそういうことが、お客様も私もあったが、無事乗り切り、いい経験になっている。
ただ、最近多くの中堅企業の社長が、コンプライアンス経営と言い出しているのは、結構、おもしろい。あの社長が、「いつからコンプライアンス?」と思ってしまいます。