この市場環境でも、資本政策を作る仕事がたまにある。
今こんなことをやってもな?、と嘆きながらも作成するが、
いざ、PERを何倍にしたらいいかと思うと悩み始める。

当然、大手証券会社は出口で2ケタなど許されない。
あまりに低くすると、証券市場からの調達をしたくなくなる。

オーナーの創業者利益なんて取れない。
何で上場するのだろうということになり、
また一から考え直す。

こんな堂々巡りをしている企業が最近多い。
今年も新規上場は少ないだろう。

相場は繰り返すというが、その日を待つのみ。

この一週間は多くの人が株式でもうけたと思う。
そういう体験者が増えてくるとまた市場が活発化するだろう。