IR業界は、今年度を機に、どのような道に進まないといけないか考えないといけない。

IR協議会は、会員数は減少するであろうが、団体としての使命があるので存続しなければならない。

証券系IR会社は、IPOが少ないので、主幹事としての証券会社系の立場を
有効に生かせないのでピンチだ。

昨年まで議決権行使に注力してきたIR会社は、本当に苦しい。

IRツールは予算を減らされている。

生き残っているのは説明会のアレンジ会社だ。

IRコンサルティング会社で、規模の大きいところはまだない。

独立系のIRコンサルティング会社の当社で、
もしよろしければ、お問い合わせください。
info@fukuda-ir.jp