日々経営者の皆様に接していると、
破れかぶれ経営でしのいでいる企業も多い。

つまり、なんでも売れるものは売ってしまおうという魂胆だ。
これが、実は良い結果を生むこともある。
選択と集中で一本の商品を販売して、大成功するケースも非常に多いが、
今の時代、売れるものを売らないと倒れてしまう。
あるいは、残っている現金で、当面鳴りをひそめるかだ。
しかしながら、キャッシュの残っている企業はそんなに多くはない。

ここはひとつ売れるものを売ってしまうということも
企業経営にとって重要だと思う。

ただし、売れるものが限られているので、
勢い企業間競争が激しいマーケットになってしまう。
どうやって勝ち馬に乗るかが、経営者の判断のしどころだ。