今年から四半期決算が義務化され、
決算説明会も、IR的には内容を各社が工夫をしている。

今、行われている説明会は、
第二四半期決算説明会だ。

社長も、上半期の業績などと言って説明するが、
言葉としては、第二四半期累計実績が正しい。

また、為替が社内レート予想と大きくぶれ、
業績もはかばかしくない企業も多い。

下降気味の自動車業界の影響を受けている企業が多い。
いかに、自動車業界が多くの企業に影響を与えているかわかる。
これからの業績予想もかなり保守的になっている。

多くの企業がこれから決算説明会に臨む。
ぜひ今年の他社の説明会を参考にしてほしい。