企業価値算定部門提供サービス

企業価値算定部門 提供サービスのご案内

企業価値算定部門 サービスのご案内

福田総研では社内外の提携先、公認会計士、税理士、弁護士、不動産鑑定士、司法書士のネットワークを最大活用して企業価値算定業務を提供いたします。


企業価値算定業務
当社は、特にバリュエーション豊富な専門家集団です。買収検討に際する社内検討用資料作成のサポートから、上場会社における第三者開示用の算定書及びフェアネス・オピニオン提出に至るまで、評価に関するあらゆる要望にお応えします。

・初期的な株価評価書の提出
未上場会社間のM&Aに際する評価あるいは、正式な取締役会向けの算定書が必要となる前段階(社内説明資料用)等、初期的な試算を行いたい等のシーンに対し、当社では、簡易試算レポート形式にて、安価にて初期的な株価評価書を提出致します。

・株価算定書の提出
中堅企業?大手上場企業向けに対し、一般的な投資銀行が作成する算定書と同等程度の内容に仕上げた正式な取締役会向けの参考資料としての株価算定書(バリュエーション・レポート)を提出致します。

・フェアネス・オピニオンの提出
当社では、クライアントからの要請に応じ、いわゆるフェアネス・オピニオン(価格の公正性・妥当性に関する財務的見地からの適正意見書)を提出することも可能です。
但し、依頼受託に際しては、相応のレベルでの買収前監査の実施、事業計画のレビューの実施、事業計画の前提条件の確認等を対象会社及びクライアントに対して実施させて頂けることができることが、意見書を提出させて頂く前提となります。

・特別委員会向けの算定サポート
昨今、買収価格の決定及び価格決定プロセスに関しては、特別委員会の設立が求められる等、第三者機関からのレビュー体制の強化の動きがより活発化しています。
当社は、第三者機関として、買収防衛策の導入・第三者割当増資の実施・MBO/LBOの実施等に際して、委員会等に対するサポート業務も受託しております。


デューディリジェンス業務
M&Aをより実りあるものにするには、ビジネス面のリスクの検証に加え、財務面・税務面のリスクを正確に見極めることがより重要となります。当社は、買い手サイドの立場から、DDを全面的にサポートさせて頂きます。

・財務・税務デューディリジェンス
M&A実施決定の前段階において、財務・税務DDに関しては、主にリスク検証目的にフォーカスしがちになりますが、当社は、クライアントからのご依頼に応じ、当社の専門性を生かし、例えば、税務ポジションを認識した最適ストラクチャーの提案を行うといった、付加的なサービスも合わせて提供致します。

・ビジネスデューディリジェンス
買収監査において、一般的に財務面・法務面・税務面のリスクについては、比較的しっかりとした精査がなされますが、ビジネスリスクについては、やや軽視しがちになります。
当社は、財務・税務に加えて、当社のコンサルティング会社としての機能を生かし、見落としがちな重要なリスク要素であるビジネス面についても全面的にサポートすることが可能です。

■お問い合わせはこちらから

カテゴリー: 企業価値算定部門提供サービス |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/1581.html/trackback