保険

遺留分権利者への価額弁償の税務の扱い

相続で分割を考えるうえで知っておきたい重要な方法が価額弁償ですね。

遺贈に対して遺留分による減殺請求がされている場合でも、

各共同相続人の取得財産の範囲が具体的に確定するまでは、

受遺者の課税価格は、その減殺請求がないものとして計算した金額によります。

確定しますと、遺留分義務者は、更正の請求により相続税の還付を受けることができます。

法定申告期限から5年経過後であっても更正の請求は可能とされています。

遺留分については、民法の権利ばかり強調されますが、税務も関係してきます。

注意すべきポイントです。、詳しくは税理士にご相談ください。

カテゴリー: 保険 |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/3802.html/trackback

役員賠償責任保険が活況だとか

日経新聞や日経ビジネスを見ていますと、

役員賠償責任保険の記事を見ることが多くなりました。

この保険は、AIUが先駆者で現在は大手損保が取り扱っています。

AIUが当初はこの保険に加入した企業には、

コンサルもしていましたが、現在は損保ジャパンも現物支給に近い形でサポートするとのこと。

私の知る限りはこの保険料の設定の仕方は、通常の保険と違って他社比較をしないため、

結構、保険料の根拠が不明だったりします。

このD&O保険は、加入の際は相見積を同業他社にも取られた方がよろしいかも。

カテゴリー: 保険 |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/3676.html/trackback

保険代理店の売却

今年は、保険代理店の経営に大きな変化が起こるため、

保険代理店を売却しようとする動きが出てきている。

保険代理店のスタッフが委託関係ではなく、雇用関係にしなくてはいけなくなる。

それは、社員であれ、出向であれ、派遣であってもいいのだが、

保険代理店の経営にとっては重い負担となる。

一方、保険代理店を買収したい大手もいるため

今年度は保険代理店の売買が多くなりそうだ。

具体的な案件が舞い込んできている。

早めに対応した方がよさそうだ。

 

カテゴリー: M&A, 保険 |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/3580.html/trackback

生命保険の比較販売

生命保険の比較販売が認められることになったようだ。

というよりも金融庁は積極的に保険の代理店に比較販売してほしいように聞こえる。
そのため、保険代理店の販売がより詳細にするように規則が変わるらしい。

従来は、生命保険を比較販売していると金融庁からおとがめがあった。
おそらく生命保険は同業他社と比較しにくい、保険営業員が保険商品を熟知していない、
生命保険業界各社を守るため同業比較させたくない、などの事情があり、
生命保険を比較販売することが許されなかったのだ。

180度の方針転換のようにも見える。

これからはよく比較してより有利な方を販売しないといけないということなのだろうが、
正確に比較するには、各社の保険料に入っている利益なども開示しないと、
単純な保険料比較だけだと生命保険のメーカーとしての生命保険会社の
実態が分からず、本当の比較にならないと思う。

カテゴリー: 保険 |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/3474.html/trackback

期末の決算対策

3月末を迎え、そろそろ決算対策をされる経営者の皆様も多いかと思います。

思い切って、経費を使われる企業、最後まで利益をねん出しようと努力する企業、
それぞれ悩みが多いと思います。

基本的には、企業は継続することを再前提に考えるので、
中期的な財務戦略を最重要視したいですね。

損益計算書も大事ですが、貸借対照表の流動比率や固定資産の中身。

万が一の際やBCP対策の一環としても、
売上がなくなった場合、もしくは、産業が突然死した場合の
販売管理費の中の固定費の準備は、されていらっしゃるでしょうか?
どの資産から流用されますか?

一度、じっくり考えて見られたらいかがでしょうか?

カテゴリー: 保険 |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/3016.html/trackback

保険の見直しの御相談をご希望の皆様へ

昨年出ました書籍の影響からでしょうか、
当社でほとんど宣伝はしていないのですが、
保険の見直しの御相談が増えてきています。

従来より、当社では、ファイナンシャルプランニングの一環として、
保険の見直しのアドバイスをさせていただいています。

予定利率の引上げとか、引下げとか、
今年4月に保険料が上がって、
来年4月には保険料が下がって、
とか、マスコミでもいろいろと生命保険について
話題になっていますね。

まずは、ご自身にあった保険の種類の選択が重要です。

従来は、法人の経営者からの相談を中心にしていましたが、
今年は、個人の方の御相談も、大歓迎です。

どうぞ、ご遠慮なくお問い合わせください。

カテゴリー: FP, 保険 |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/2948.html/trackback

米国でも生保離れで危機感

米国も日本で言う「保険月間」というのがあるようです。
それが9月だったようです。
ニッセイ基礎研究所様のレポートにありました。

あまり売れなかったのでしょうか、米国も生保離れで生保会社が危機感を感じているようです。

共稼ぎの多い台湾では、死亡保障より医療保険が売れているようです。

日本の生保も海外進出を活発化させています。

日本に進出しいる海外生保も、
例えばアイエヌジーアジアの株主も変わりそうですし、
なかなかうまくいっていない外資系生保もあるようです。

各国のデモグラフィックスを考え、
文化・習慣を考えながら生保も変化して行かないと、
生命保険会社の経営も大変です。

カテゴリー: 保険 |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/2830.html/trackback

生保マーケティングのアドバイス

この数カ月の間、生保マーケティングのお問い合わせが少し多いような気がします。

私自身が、MDRTメンバーであったこともあり、
また保険営業研究会という法人向けへ
生保販売の勉強会を組成しているからかもしれません。
特に経営戦略面と財務戦略面から生保は重要だと思っています。

法人向け生保営業の立ち上げのお話もいくつかいただいており、
すでに実行させていただいている企業もあります。

海外から日本の生命保険のマーケティング戦略のお問い合わせも来ております。
特に、海外からはCOLIというかなり日本独特の生保保有スタイル、
興味があり、進出に当たってはかなりリサーチしたいのだろうと思われます。

カテゴリー: 保険 |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/2535.html/trackback

新入社員への生保の勧誘

今の時期は、新入社員をターゲットに生保の営業部隊が営業攻勢をかけている。

多くの場合は、的を得た保険を提案しているようだが、
新入社員諸君も、入る前に一度生保の仕組みを勉強したほうがいい。

どんな保険に入っているのかわからず、
何年もたってからいまどんな保険に入っているか
わからず相談に来られる人があまりにも多いのだから。

カテゴリー: 保険 |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/2503.html/trackback

決算日まであと10日

3月決算の会社にとっては、決算対策の
最後の追い込みの時期になりました。

ここで以前お知らせしました保険での決算対策も最後の駆け込み需要があります。

ぜひ、顧問税理士とご相談の上、よい決算になればと考えています。

カテゴリー: 保険 |
この記事のトラックバックURL:http://www.fukuda-ir.jp/blog/2448.html/trackback