知名度が格段と上がったAIM。
日本版AIMが来年初めにも登場しそうだ。

先月ロンドンのコンサルティング会社に行ってきたが、
AIMだってそんなに甘くはない。
今の株式相場をみると、全世界(特に欧米系)で下がっている。
AIMも良くなく新規上場は、相場が悪くてAIMも1年待ちくらいの状態だ。

一番初めに上場した日本企業も上場時は、たった1000万円しか調達できていない。

日本版AIM登場で、この会社も東証AIMに外国株として上場することになる。
今度は、日本人がこのAIM上場の株式が、自由に売買できるようになる。

この辺の事情、なかなかまとめる余裕がなく、詳細に皆様に
お知らせできないのが残念だ。
レポートにまとめたら、興味ある方いますか?