「なぜ新しい戦略はいつも行き詰まるのか?」

この書籍の著者は清水勝彦氏であるが、
彼の本は、本屋さんでも平積みされていると聞く。

経営者には大変ためになる本だ。
内容は、

経営戦略はあまり役に立たたない、
やってみなければわからない、

と言うことだが、
非常に含蓄のある内容になっている。

ぜひ、経営面でいろいろとお考えの
社長の皆様、ご一読を。

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク