Sakura Loungeにて

米国でも、空港のラウンジはインターネットが通じる。
ラウンジでなくても、飛行機の待合所でも、有料であるが、
ワイヤレスにつなぐことができる。

「もの言う株主」の本を今回持ち歩いていた。
大学の前期末試験で出す内容でもあるし、
TCIとの対決という時事的なトピックスが書かれているからだ。

海外にいるときぐらいは、その国の書籍を購入して読みたいのだが、
どうも日本の生活の延長で、つい日本に電話をしたり、
携帯の留守録を聞いたりしてしまう。
もちろんメールチェックもするし、日本語の活字を追ってしまう。

これでは、休む暇もないが、
そういう生活に自分で自分を追い込んでしまっているのだからしょうがない。

相変わらず日本は株安のようだ。
問題解決を必要としているIR担当者は増加しているだろう。
事業承継をしたいのに、自社がなかなか売却できない経営者も増えているだろう。
創業ベンチャーの悩みも大いに違いない。

日本に戻って、皆様とともに、解決策を考えないといけない。

この記事はカテゴリ:八丁堀日記に投稿されています。パーマリンクをブックマーク