太陽黒点数低下傾向

太陽黒点数の低下期間が結構長引いているようだ。
つまり、太陽の活動が低下している。

太陽の寿命も半分は過ぎた。
あとは、地球の終焉と、太陽の終焉のどちらが先かということだろう。

太陽黒点数は通常11年周期で、活発なときは短波の電波がよく飛ぶ。
また、デリンジャー現象が起きて電波障害も起こり、迷惑なことも多いが、
太陽が生きている証拠だ。

この太陽黒点数の変動の周期が長くなっている気がする。
ずいぶん気の遠い話ではあるが、
環境問題の先のこともそろそろ考えておいたほうがいいかもしれない。

この記事はカテゴリ:八丁堀日記に投稿されています。パーマリンクをブックマーク