安い時に買って高い時に売る

というのが、株式投資で勝つ基本的なことです。

なのに、高い時に買ってしまい、肝心の安くなった時にお金がなくて手が出ない。
とか、安くなった時は不安感から手が出ない。
というケースが多いのではないでしょうか?私は前者です。

株の売り時、買い時は本当に難しくて、何回失敗しても「またやってしまった!」
と後悔します。
やはり、メディアがいけいけどんどんで楽観的な報道一色になりだしたら、
「そろそろまずい」時期と見て先回りしないといけませんね。
また、大やけどを負う前に、ある程度損が出たところで売る勇気も大事です
(ロスカット)。

・・・・ということで、今日は、初心者向けに株式指標の意味と使い方の記事を
日経夕刊で担当して書いています。(カジュアル経済面:マネーもっと知り隊)

指標を使いこなすのもコツをつかむまで試行錯誤かもしれませんが、
とりあえずPBR1倍われ銘柄を拾うのは、初心者でも比較的成功しやすいワザだと思います。
先週末、ちょっと相場がよくなったので、数は減りましたが、「こんないい会社が」
というところでも1倍割れているところが多くあります。
自分だったら・・・・今、行きたいところです。
(福島)

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク