議決権行使

3月決算の株主総会の時期が近づいてきた。

株主名簿が出来上がり、
招集通知の準備が始まる時期だ。

日本人は上場企業からくる招集通知のような郵送物はあまり見ないで、
ゴミ箱行きが多い。
そのため、株主総会開催のための定足数が集まらなく、
株主総会開催が危ぶまれる企業も実は多い。

また、大株主が株主提案をしてきた場合、企業側はうろたえるばかりだ。

このような場合は、企業側から株主にコンタクトしないと、
定足数が足りず総会が開かれない場合もあるし、
会社側提案が通らない可能性もある。

会社側議案が通らなかった例は、一昨年急増しており、
昨年は実は減少した。

今年は、増加する傾向にあるだろう。

ということで、議決権行使勧誘を当社はビジネスとしてしていますので、
上場企業の皆様、ぜひ当社をご活用ください。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク