適時開示の疑念のある会社

上場企業の多くは、どこまで適時開示をしていいのやら日々悩んでいる。

ところが、明らかに情報開示義務違反であろうと思われることを
行っている(不作為?)企業がある。
最近では、ジャスダック上場の某社があがっている。
株好きの経営者が高じて上場会社を投資会社に変貌させ、
あらぬ資金調達をしているのだ。

どうしてこんなことが許されるのか。
実は、同様の資本政策をしている企業も私の知る限り結構ある。

証券取引所も胴元なのだから、場で起こっていることに、もう少し注意してほしい。
被害をこうむるのは何もわからず売買している個人投資家なのだから。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク