買収防衛策

今日の日経新聞の経済教室に掲載されているが、
既存の経済産業省、法務省の発表している買収防衛指針の見直しが必要だと思う。

海外から日本への株式投資が活発にならない要因の一つがこの点にある。
どうして、買収提案者が、ビジネスプランを作らないといけないのか。
企業側の責任ではないか。

また企業価値研究会のメンバーも変えたほうがいい。
機関投資家サイドが入っていないし、専門でないコンサルの方も入っている。

日本の株式市場がどんどん海外投資家から見放されていきそうだ。

この記事はカテゴリ:M&Aに投稿されています。パーマリンクをブックマーク