大手企業の傘下にある企業で、
親会社のCEOからこのように宣告されてしまった子会社。

親会社への利益集中で、モチベーションが減退してしまった子会社。

このような企業の間で、MBOが広まってきている。
日本は、経営者と従業員の間の分離があまりないので、
従業員も巻き込んだMEBOの話も多くなった。

いいファンドや、うまく融資を利用して、経営権を獲得して、
MBO後の企業のより一層の発展を望む。

持ち込まれる業界はさまざまだ。小売系から、製造業、外資系など。

また、ファンド系列の企業も大手証券会社も「MBOしませんか?」と、
多くの企業に声をかけている。
今は静かなブームだが、メリット、デメリットも十分検討して実施しないと、
MBOというのは基本的に経営陣が変わらないだけに企業の変革が進まなくなることもある。