東国原知事のようなもの?

年賀状が届く時期になると、
私の仕事が変遷していくのに驚いている人の声を聞きます。

実際、現在は幅だけは広く仕事をしています。
ある方は、私は「東国原知事のようだ。」
ともいいます。
以前、保険販売専業の時代が数年あり、同じ人が
現在は、コンサルティング会社の経営者になっているから、
コメディアンから知事に転進した彼に私を準えるのです。

これは、保険販売の地位が低いということ?
と思ったりします。

実際のところ、私は、
現在でも保険も取り扱い、証券も取り扱い、
大学講師もし、社外役員もし、
コンサルティングもしています。
その他もろもろの事業を行っています。

でも、私自身はまったく変わっていないのに。。。
仕事の内容によって、人の扱われ方が違うって、どういうこと?
と、思ってしまいます。

この記事はカテゴリ:保険に投稿されています。パーマリンクをブックマーク