Professional Impartiality

昨晩は大変高名な方々との食事会に参加した。

何社かの企業の社外役員をさせていただいている私は、
標記の"Professional Impartiality"と言う言葉が参考になった。

よく理解している分野があるがゆえに(つまり、資本政策など精通している分野があると)、
社外取締役であるのに、積極的にアドバイス、コンサルティングをして良い
と言うようなことも含まれる。

今までの米国の法律論では監視役のみ強調されていたが、
日本の社外取締役は、企業の監視役だけではなく、
さまざまな役割を果たしてよいのだ、勝手にひとり納得して深く感心した。

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク