株式の定期定額売却

日興が「キンカブ」という商品名で、株式の定期定額売却ができる商品を
販売している。

これは、ある意味、証券界では画期的な商品だ。
株式累積投資制度は、定額で毎月買い増していく制度だが、この逆だ。

インサイダー取引規制では、株式累積投資制度は、開始時以降は、対象外だったが、
この制度はどうだろう。
おそらく、申し込みの際はインサイダー取引規制がかかるが、それ以降は事前に定められた
契約に基づく売却なので該当しないだろう。
損をしているかどうか見えにくい売却だが、
年金としての受け取りなどを考えている投資家には魅力的かもわからない。

この記事はカテゴリ:証券業務に投稿されています。パーマリンクをブックマーク