上場企業で、敵対的買収をかけられる多くの場合は、
妥当な株価形成ができていないからだ。

常日頃、自社の株価、出来高を中止していないと、いつどんな形で自社株が
購入されているかわからない。

TOBがかかってしまうと残念ながらIR活動は意味を持たなくなってしまう。
そうすると、今度は株主総会での議決権行使勧誘、Proxy Fightの世界に突入だ。

これから上場を目指す企業は、上場前の資本政策が重要で、
理想的な株主構成の考え方を持っておくことが重要だ。

マーケットに出てからだと、なかなか支配権、議決権など握れなくなる。

最近、公開前の審査を証券会社と共に関与するようになり、
資本政策をもう少し考えて公開したほうがいい企業が散見される。

社長が精通していない場合、よきアドバイザーが必ず社内か社内に必要だ。