大手銀行は法人向けにも活発に債券などの有価証券の販売を行っているようだ。

銀行は、証券会社と異なりサブプライムローンの被害は大きくない。
そういう理由からか、仕組み債、外国債券などの販売をよくみる様になってきた。

説明するほうも大変だと思うし、購入する法人もどこまでリスクを割り切れるかがむずかしい。

また、法人向けに融資の代わりに顧客の債券発行の営業も活発化している。

今日の新聞では、銀行が保険を販売するのに、生命保険協会は大賛成とのこと。

少し、銀行に有利な気がするが、きちんと説明責任を果たしてほしいと思う。
いまや、海外在住のMBA学生をの日本人を日本の金融機関がこぞって採用するようになってきた。

MBA卒業生と、採用する銀行との意識のずれがなければいいと思う。