当社は上場していない。
しかしながら、会社情報適時開示ガイドブックの冊子版も、分厚い元の本も資料編も
会社に備え置いている。
法令が変更になるたびに取引所から追加が送られてくる。

本業の要請で、これらの情報開示の法令、規則には精通していないといけない。

おまけに、NIRIから送られてくる英語の資料も精査し、今後の日本の
ディスクロージャー制度の行く末を検討しないといけない。

長年やっているが、IRは最近実務だけではなく、学問にもなるなと思う。
現在、IRの変遷の論文を書いているが、しみじみそう思う。