有価証券

いろんな商品の証券化、つまり有価証券の発行が花盛りだ。

病院債もかなりマーケットで根付き始めた。

が、病院が発行した組合債。病院が破産して出資した額が戻ってこなくなり

生活に困窮している方々のニュースを昨日聞いた。

サブプライムローンも有価証券。世界的にマーケットに影響を与えた。

銀行が顧客に勧めているのも私募債という有価証券。

ファンドにしても多くは有価証券。

日本人は有価証券に慣れてきたが、そのリスクの認識がまだ甘い。

販売した人を丸ごと信用してしまう。

いくら金融商品取引法で規制強化しても、売買する当事者が

リスク認識が薄いとトラブルがまだ増えるだろう。

この記事はカテゴリ:証券業務に投稿されています。パーマリンクをブックマーク