同族企業と社外取締役

今日の日経にも似たような記事があったが、

同族企業は、自己(社長)中心の経営になりがちだ。

統計的にみると日本も海外も圧倒的にファミリービジネスの形態の企業が多く、

国内の上場企業も実態は同族企業が過半数を占めるようだ。

私は上場していなくて、上場する予定もない企業の

社外役員を複数させていただいている。

私は何の役にも立っていないが、取締役会やさまざまな会議で

赤の他人が出席すると、他の出席者は緊張するものだ。

社外の方は本業がすべてわかっているわけではないので

さまざまな質問をする。すると、たまには経営者もはっとすることがある。

地方の有力な会社では、やはり外部の目が必要なようだ。

この記事はカテゴリ:八丁堀日記に投稿されています。パーマリンクをブックマーク